ネガティブに生きる日記

ネガティブのポケモン考察日記

今更ポケモンガチ勢を目指す成人男性が最新から初代までのポケモンゲームをプレイし、自分なりに色々考察したりしていくブログです。

【スポンサーリンク】

「DEADPOOL 2」デッドプール2観賞後の感想※ネタばれ注意

こんにちはネガティブです。

ついに2018年6月1日(行上映は5月31日)からデッドプール2の上映が始まりました。

私も字幕版を観に行きましたが、前作の映画以上にストーリーもアクションもギャグも凝っていると感じ、大変面白かったです!

今回は、まだデッドプール2観に行っていない方のためのデッドプール2の紹介と自分の感想をここで述べようと思います。



[:contents] f:id:negative666:20180603124310j:plain

※ネタばれは最低限しないつもりですが、他から見ると、もしかたらネタばれに含まれるかもしれないと思い、ネタバレの注意喚起をさせていただきます。 更に、今回の紹介と感想は前作のデッドプールについての話もしています。

「DEADPOOL 2の魅力について語る」



まず、最初に言いたいことは、デッドプール2は2016年6月に公開した映画「DEADPOOL」の続きとなっています。

先に前作を観た方がストーリーや、デッドプールとその他のキャラについて知ることができ、今作の映画の内容の理解や面白さを十分に感じることができます!

なのでレンタルでもいいので前作の映画を観る事を強くオススメします。



今作のオススメポイント





今作のオススメなところは新キャラのアクションと前作キャラとデッドプールとのやり取りだと思います。 デッドプールに向かってくる敵、あるいは味方のアクションもデッドプールに負けないくらい際立っています!

デッドプールは基本無敵ですが、巨大なミッションや精神的に落ち込んでいる場合には、手を貸してくれる頼もしい仲間がいます アクションだけでなく、仲間とのやり取りもこの映画の魅力だと思います。



アクション



f:id:negative666:20180603124502p:plain

前作と同等以上に激しく動いて、撃ったり切ったりして雑魚敵をあっさり倒していき、強敵には不死身を活かした戦いをします!

そして、新たに登場したキャラもデッドプールに負けない程、印象的な戦い方をします。

ケーブルは、近未来的な武器を駆使して戦います。特にケーブルが持っている銃は強力で、パワフルなアクションをしてくれます。

同じく新キャラで、デッドプールの仲間となった「ドミノ」は幸運を利用して戦うキャラですが、その力の通りに合った戦いやサポートをして、デッドプールを助けてくれます。

更に前作にも登場した、X-MENのコロッサスやNTW(ネガソニック)とそのガールフレンドの「ユキオ」強敵を相手にデッドプールと一緒に戦ってくれます!

強敵らと戦う時はイカした曲を流しながら、戦ってくれます。



前作のネタや登場キャラの活躍



f:id:negative666:20180603125720p:plain

戦いだけではなく、前作からも登場している、デッドプールの友達、「ウィーゼル」や盲目の老女「アル」、タクシードライバーの「ドーピンダー

彼らも前作以上に活躍して、デッドプールに戦い以外の場面で助けてくれます。

特にドーピンダーはデッドプールにあこがれを持つようになり、思いがけない所でデッドプールの手助けとなってくれます。

元々ドミノはデッドプールが新しく作ったチームの一人なんですが、そのほかのメンバーもこの映画らしい活躍をしてくれてを更にストーリーを盛り上げてくれます!!

他にも前作から出ていた小ネタも今作で所々登場しています。前作を一回でも見たことがある方でも、そのネタに気づくのは容易だと思います。

デッドプールの妻であるヴァネッサは、語るまでもないかも知れませんが

今作のストーリーでも重要な役割となっています。

デッドプールの行動は彼女によって決まるといっても過言ではないでしょう





私の個人的な感想



f:id:negative666:20180603131120p:plain

今回のデッドプール2は観賞前にtwitterYouTubeからの予告からも観ていたので、前作のデッドプールも観ていたのでかなり楽しみでしたが、

実際に観て、想像以上に楽しめました!

アクションも良かったですが、一番はなんでこんなストーリーが作れたかというのが疑問でしたね。

前作のデッドプールは「ヒロインを助ける」と「復習者を倒す」という目標を成し遂げたので、

次は一体何をするんだ?というのが、映画を観るまで全く分かりませんでしたね。

あとキャラが良かった!

デッドプール以外のキャラがどういった風に活躍するのか、やっぱり新キャラばかり活躍するんだろうな~と思いながら観てたんですが、これも結構皆活躍の場があって面白かったです。

特に面白かったのが、「ドーピンダー」ですね。

ドーピンダーは前作は本当にただの恋に悩んでいるタクシードライバーで、デッドプールの憧れも少しあったんですが。

今作になってその憧れが強くなって、よりデッドプールに近づこうとしてるんですよね

それで危ない道に走ろうとするドーピンダーに心配しているデッドプールを見てると、その時一瞬かもしれませんがほんっとに和むんですよねww

この映画のマスコットキャラはもしかしたら「ドーピンダー」かもしれません

あと、先ほどにも書いた通りに、ドミノやケーブル以外にも様々な新キャラが登場しています。中には、一瞬で役目を終えるキャラもいますが、この映画にはそういった役割のキャラが一人以上は必要なのかもしれませんね。

前作の時も思いましたが、何でこんな下品で、ふざけていて、人を簡単に殺せるようなキャラが、

最終的には感動できるのかが全くです!

でもストーリーもキャラの活躍も下ネタやギャグもドーピンダーも大変満足いく面白さでした

今回のブログはこれで終わります。

閲覧ありがとうございました!

【スポンサーリンク】