ネガティブに生きる日記

ネガティブのポケモン考察日記

今更ポケモンガチ勢を目指す成人男性が最新から初代までのポケモンゲームをプレイし、自分なりに色々考察したりしていくブログです。

【スポンサーリンク】

2018年3月31日更新 有名配信サイトまとめ

f:id:negative666:20180331181236p:plain

どうも、ネガティブです。
ユーチューバーの影響からか、YouTube等のサイトを利用して食っていこうという方達が増えてきて、それに伴って、配信サイトも増えていきましたね。
モンハンワールドやスプラトゥーン等のオンラインで楽しめるゲームも増えていき、配信で人を集めていき一緒にプレイするという光景が増えていきました。

今回は、配信サイトを利用してゲームをしていきたいという方に特に有名な配信サイトを紹介していきます。





1.YouTube



f:id:negative666:20180331182239j:plain

www.youtube.com

YouTubeといえば、2005年から作られた日本人なら誰でも知っている配信サイトですよね。

Googleと提携しており、Googleのアカウントにより、YouTubeからログインでき、好きな動画や配信者にコメントしたり、自分で動画投稿、配信をすることができます。

YouTubeは大手だけに、様々な設定をすることができます。

動画の投稿、配信時間をあらかじめ決めたり、動画のサムネイル、管理、などの設定を行うことができます。

更に、アナリティクスを使えば、1か月にどの動画が、どの人数が視聴してくれたのかが分かったり、視聴元、ユーザー層等 様々な情報を知ることができます。

動画や配信の画質は他の配信サイトから比較してみると、十分綺麗な画質にすることができます。

YouTubeは特に有名な配信サイトなので、配信ソフトや動画ソフトをYouTube用にカスタマイズするのも容易で、PS4ならキャプチャーボード無しで配信することも可能です。

しかし、収益を利用しようとなると、最初はよほど上手いプレイや喋りができない場合、中々順調にいくことは難しいです。

YouTubeで配信を利用する人も多いので、ライバルが多くなってしまいます。

更に、著作権も考えなければならず、フリーの絵や曲を使用しなければ、著作権に引っ掛かってしまう場合がございますので、収益を利用する場合は、考えて利用しましょう。

2.ニコニコ生放送(ニコ生)



f:id:negative666:20180331182256p:plain

live.nicovideo.jp

こちらもYouTubeと同じぐらい有名で長く運営している配信サイトです。

運営元はニコニコ動画と同じドワンゴが行っております。

ニコニコといえば、視聴者のコメントが動画内に流れてきて、配信者もすぐコメントが目に付くので反応しやすいですね。



元々ニコニコ動画で活躍していた実況者たちは、YouTubeに移動していますが、だからといって今でもニコニコ動画、生放送を利用している配信者も視聴者もまだまだ少なくありません。

欠点を言うと、画質があまり良くありません。

プレミアム会員にすれば、良い画質で動画投稿、配信できるようになるのですが、会員になると多少お金がかかっちゃいます。

それでも、YouTubeと比べると視聴する人数は多いので、」「配信をオススメできない」ということはありません。

既にプレミアム会員になっている方、よければニコ生利用してみてはいかがでしょうか?

3.twitch(ツイッチ)



f:id:negative666:20180331182313j:plain

www.twitch.tv

ツイッチは、日本にはまだなじみ深くないかもしれませんが、世界目線で見るとYouTubeよりも利用者が多い有名な配信サイトです。

今のゲーム業界には、日本のゲームだけでなく「UBIsoft」や「Blzzard」等の海外のゲーム会社からのゲームもプレイするプレイヤーが増えていきました。



海外からのゲームをプレイするならツイッチからの配信サイトもオススメできます。

YouTubeと比べても、画質もあまり悪くないし、有名な配信サイトなので動画、配信ソフトとの提携も容易にすることができます。

ツイッチは日本より海外からの利用者が多いので、たまに外国人からのコメントが来る可能性があります。ツイッチの欠点を挙げるとするならば、それでしょうね。(まあ、YouTubeでありえることですが・・・)

4.OPENREC(オープンレック)



f:id:negative666:20180331182324p:plain

www.openrec.tv

オープンレックは最近できたばかりの配信サイトで、任天堂が提携しています。

ユーザー層はツイッチと対照的で日本人が圧倒的に多いです。

しかし、配信のしやすさは他の配信サイトと比べると簡単で、画質も高画質で配信することができます。

オープンレックは任天堂と提携している分、スプラトゥーンの配信が多く、他には「PUBG」や「シャドウバース」も配信利用者は多いです。

更に、オープンレックからゲームの攻略やそのゲームの大会の情報を知ることができます。

オープンレックの欠点は、配信者になるには申請が必要で、他の配信サイトからの動画を引用して申請します。

※ちなみに私は、5本くらいしか投稿していないアカウントを申請しましたが、ちゃんと申請通りました。

もう一つ欠点があって、配信した後動画にして投稿することができるのですが、配信後の動画はプレミアム会員じゃないと見れないようになっています。

5.TwitCasthing(ツイキャス



f:id:negative666:20180331182336p:plain

ツイキャス - ライブでつながるコミュニケーション・サービス

ツイキャスは、twitterアカウントと連携することですぐに始めることができる配信サイトです。

ツイキャスは主に声だけの配信ばかりですが、ゲーム画面を出して、配信する方もいます。

ツイキャス自体は結構観に来てくれる方も少なくないので、収益を目的としない方やツイキャスの配信をメインでやっている方ならやる価値はあると思います。

ただ、ツイキャスでのゲーム背信は中々見ないので、配信するのに若干手間取る可能性があります。

少なくとも、他の配信サイトと同じ画面サイズや音声のビットレーンを同じにしていると配信に支障が生じる可能性があるので、ツイキャス用の設定を作ってから配信するようにしましょう。

まとめ



配信の利用者やユーザー層は特に大きく変わらないです。

ツイッチも海外の利用者が多いというだけで、ちゃんと日本人の配信者もいるし、その配信の視聴者も数多くいます。

配信の決め方はプレイするゲームによって決めた方が良いかと思います。

YouTubeやツイッチには有名なサイトな分、配信するにはそう難しくありません。

ツイキャスの場合は、配信の設定をツイキャスように自分で変える必要があるので、よほどツイキャスでしたいという場合以外は他の配信サイトを利用した方が良いと思います。

後は、自分が特に使っていて、このサイトが使いたいという思いがあるなら、その考えで配信サイトをつかっても良いかも知れません。

【スポンサーリンク】