ネガティブに生きる日記

ネガティブのポケモン考察日記

今更ポケモンガチ勢を目指す成人男性が最新から初代までのポケモンゲームをプレイし、自分なりに色々考察したりしていくブログです。

【スポンサーリンク】

ポケットモンスターウルトラサンムーン 初のレート戦 キノコによりボコボコにされる

※このブログは今更ポケットモンスターをやり始めている男のプレイの日々をブログにしています。攻略とは全く関係ないのであしからず

f:id:negative666:20180408190337g:plain

どうも、ネガティブ666です。

ズガドーン努力値振りや技構成もできたので、早速レート戦をやってみました。

ズガドーン以外のポケモンオメガルビーやムーンで育てたポケモンから軽ーい気持ちで決めて作りました。

しかし・・・その結果がまさかああなるなんて・・・

初めてのレート戦で使用したポケモン



初めてレート戦で使用したポケモンたちを挙げていきます。

正直、恥ずかしいですがこの失敗を反省し、改善できるようにしたいので・・・

1.ミミッキュ(♀)

f:id:negative666:20180408174232g:plain

H(すばらしい) ABDS(V) もちもの、ラムのみ

努力値 H.6 A.252 S.252

2.ギャラドス(♀)とくせい「いかく」

f:id:negative666:20180408175510g:plain

HABDS(V) もちもの、ギャラドスナイト

努力値 A.252 B.252 D.6

3.ズガドーン とくせい「ビーストブースト とくこう」

f:id:negative666:20180406142229p:plain

ACS(V) もちもの、ホノオZ

努力値 C.252 S.252 D.6

4.グソクムシャ(♂)

f:id:negative666:20180408181235g:plain

HABDS(V) もちもの、やすらぎのすず

努力値 H.6 A.252 B.252

5.ドヒドイデ(♀)

f:id:negative666:20180408181540g:plain

HABCD(V) もちもの、くろいヘドロ

努力値 H.6 B.252 D.252

6.ドラピオン(♂)

f:id:negative666:20180408190735g:plain



HABDS(V) もちもの、とつげきチョッキ

努力値 H.6 A.252 B.252

それぞれの使用ポケモンの考察



ミミッキュは、とくせいの「ばけのかわ」と「つるぎのまい」により、ほとんどのポケモンに対応できるポケモンと思い入れました。

最初にほとんど「つるぎのまい」を使うので、相手に読みやすいですが、対応は中々できない様子でした。

しかし、相手が最初から耐久力の高いポケモンだと、こちらも対応がしずらかったです。

ミミッキュは状態異常に関しては、どれも防げないので、ラムのみを持ち物に加えました。

ギャラドスは対ミミッキュ用に作りました。

とくせいの「いかく」と防御に努力値を振っているので、ミミッキュとの闘いには負けないようなステにしましたが、すばやさに努力値を振っていないので、キノガッサに抜かれてきのこのほうしを食らってしまい、全く活躍できなったことがよくありま した。

ズガドーンは、個人的に好きで入れています。せいかくが「おくびょう」で努力値もすばやさに振ってあるので、先制されることは特にありませんでした。

しかし、相手がきあいのタスキを持っていると、高確率で相手の攻撃で死にます。

持ち物は、「ビックリヘッド」より威力アップと反動ダメージを入れないためにホノオZを入れました。

ドヒドイデは、技に「どくどく」「たくわえる」「じこさいせい」を入れており、耐久用ポケモンにしています。

持ち物も回復用の「くろいヘドロ」を入れました。

悪くはないですが、こちらもキノガッサモロバレルには先手を取られ、眠らされて最終的に落ちるところがしばしばありました。

グソクムシャドラピオンも自分の趣味で入れています。どちらもこうげきとぼうぎょに努力値を振っていて、相手に合わせて対応しようと思い入れました。

レート戦の感想



5試合やって1勝4敗という結果に終わりました。

5試合しかしてませんが、試合の内容があまりに酷くすぐさまやめました。

ポケモンやっている人がこのチームを見たら即わかりますが、あまりにも偏っています!

とくしゅわざのポケモンズガドーンしかいなかったり、素早さが高いポケモンが少なかったり、ちゃんと耐久ポケモンとして仕事しているのが、「ドヒドイデ」だけであったり等・・・

特に一番悪かった点は「キノコのほうし」対策のポケモンが1体もいなかったことです。

この4敗はキノガッサモロバレルにやられました。

更に、自身の強化技はあっても、相手の妨害する技を持っていなかったことも大きかったです。

私のプレイももちろん敗因に含まれますが、読みやすい技ばかり覚えていたのも敗因だと思いました。

ポケモンの人選も酷く、ほとんどがミミッキュギャラドスばかり使う結果となりました。

これからの対策



とりあえず、今回のレート戦で負けたのは、キノコのほうし対策をしていなかったのが、大きな敗因だと思いました。

ネットみると草ポケモン、とくせい「ぼうじん」、カプ・コケコのエレキフィールド等、きのこのほうし対策のポケモンがとても多くありましたので、

その中の一つを取り入れようと思います。

あとはズガドーンを活躍させたいので、そのためのポケモンや技を揃えなくてはなりません。(エレキチェンジやとんぼがえりを入れるのもいいかもしれませんね)

あとは、一転の対策ではなく、なるべく多くのポケモンに対応した技構成と努力値振りをしなければならないことが分かりました。

ポケモンの入れ替えるタイミングも色々な動画を観て勉強しなくてはなりませんね・・・(正直これが一番わからん)

閲覧ありがとうございました。twitterのフォローとコメントよろしくお願いします。

【スポンサーリンク】